給湯器はどれを選ぶ?給湯方式や設置場所・サイズなどを確認しよう

最新記事一覧

製品の種類と特徴

給湯器

種類が豊富

底冷えする寒い京都の冬に欠かせない家庭用の機器の一つが、温かいお湯を供給してくれる給湯器です。京都市内は現在でも銭湯が多く残っているので、古いアパートではお風呂が無い部屋も珍しくありません。それでもキッチンや手洗い場などには、通常小型の給湯器が設置されてあります。実は給湯器には多くの種類があり、現在でも各企業がそれぞれ特色のあるシステムを開発しているため、その数はどんどん増えています。古い給湯器を故障するまで使うのもいいですが、自分の生活に適した製品に取り換えれば、今まで以上に便利にお湯を使えたり、燃料費を節約したり出来るかもしれません。専門業者に自宅に合った給湯器を選んでもらえば間違いありませんが、業者に連絡する前に給湯器の種類くらいは把握しておくと安心です。まず給湯器の種類として基本的なものとしては電気にガス、石油、そしてそれらのハイブリッド型など、水道水を温める際に使われるエネルギーの違いに種類が上げられます。特殊なものでは太陽熱や地熱を利用するものもあります。現在主流なのはガス式と電気式で、石油式はパワフルな給湯が可能という利点があるものの、原油高の影響などもあって寒冷地以外ではあまり使われなくなっています。京都も冬は寒いですが、一般的にはガス式が主流です。また電気式やガス式は小型で、省エネ設計のものも多くなっており、京都市内のように住宅が密集した地域でも使いやすいという特徴もあります。さらに使用するエネルギーが一緒でも給湯方式の違いによって種類が分かれ、用途によって使い分けられます。代表的な物はお湯を使用する際に沸かす、瞬間式のものと、予め大きなタンクに沸かしたお湯を貯めておく貯湯式のものがあります。どの給湯器が必要かわかったら、早速業者に連絡して購入しましょう。そのまま取り付けを依頼すれば、手軽に給湯器を新品に買い替えることができます。

Copyright© 2018 給湯器はどれを選ぶ?給湯方式や設置場所・サイズなどを確認しよう All Rights Reserved.